使用楽器

ヤマハ グランドピアノ C5
(完全防音室です)



また、バッハなどポリフォニー(多声音楽) の長い音を聴けるようにする為、
デジタルピアノ(カシオ・88鍵) を敢えて使用することもあります。


教材 (導入期)


・うたとピアノの絵本




@みぎて Aひだりて Bりょうて の3巻から成ります。
伴奏用楽譜を使い、私が伴奏して、ノリノリでみんな弾いてくれます。
教材を終える頃には、出てくる音符はバッチリ読めるようになっています。

・トンプソン 初めてのピアノ教本


はじめからへ音記号が出てくるので、あとで苦労することがありません。
アメリカの本ですが、耳馴染みのある曲も入っており、かわいいおばけの絵が子供達に人気です。
私はロンドン留学中からこの本で教えていましたが、数年前に日本語版が発売されて、助かっています。

・バーナム  ピアノテクニック



曲と並行して学ぶ、指の練習曲です。1曲が短く、楽しくピアノを弾くための奏法を身につけることができる本です。

・メト-ドローズピアノ教本



私自身が通ってきた、安川加寿子さんの教本シリーズです。
24調のスケールも出てくるので、ある程度集中力のあるお子さんに、このシリーズを使用しています。

その他、オルガンピアノの本・ピアノどりーむ、
ピアノの森・バスティン・ミヨシ ピアノメソードなど。



教材 (幼児〜小学生)

ブルグミュラー 25のやさしい練習曲



ほぼみんなが通る道、素敵な曲がたくさんのブルグミュラーです。
色々な版が発売されていますが、この本のアーティキュレーションがピタッとくるし、
挿絵が曲を的確に表してくれているので、この版を使用しています。

バッハ アンナマグダレーナのための小品集、インヴェンション、
ソナチネアルバム  など


楽語関係の本



楽譜に出てくる指示はほぼイタリア語です。ブルグミュラーに入る頃から、この本を使い、
一緒に楽語を学んでいきます。



教材は、生徒さん個々の個性に合った物など、生徒さんの個性、嗜好を見極めて選びんでいます。を選んでいます。また、引越しなどで新しく入られた生徒さんは、
前の教材を引き続き使用することも可能です。














ホーム