まずはこれをお読みください。

こう考えるとティアは相手を”信用”できるのが

恋愛だと思っているようです。

 

そもそも戦士としてのマキシムを好きになる必要があるのか?

この時点では、戦いの原点であるガデスは倒し、平和な時代がくる

=戦士としてのマキシムを見る必要が無い。なのだから。

私がマキシムだったら

「戦士としてではなく一人の男として見ろよ!」

と怒鳴ってあげたい。

 

ティアが信用していなかったのは

自分のマキシムへの気持ちと自分の力、なのでは?

愛する人のために”何か”してあげたい。

でも力が無いから、自分にできる、その”何か”が分からない。

もどかしかったんでしょうね・・・。

 

もしティアに神に対抗する力があれば・・・。

マキシムと良い関係になっていたんでしょうか。

・・・ってティア〜!

おまけの古の洞窟ではちゃんと戦っているじゃないかよ〜!

一般人なのに虚空島での決着も感じ取っているし…。

 

ティアさんには幸せになって欲しいです。

 

(8/16 みゅ。)

 

<戻る>