エリーヌ

 

探してた……ずっと探してた…… 

デュアルブレードを超える力を

 

だから……形を変えて
 色々な出会いと別れを繰り返してきた……

 

一度だけ、デュアルブレードの力を
超えたことがあった

 

昔、私がルフィアとして存在していたとき
自らの意志で共鳴させ、私を切り裂かせた

 

……私が愛した人を失いたくなかったから

 

けれども、再び、その力を
手に入れることは出来なかった

 

 

当然だよね……
そのためだけに転生して
その度に多くの人を犠牲にして

……愛する人を傷つけたんだから

傷つけることでしか
救うことが出来ない弱い力なんていらない

 

結局、私にはアレクディアス様を
超えられることは出来なかった

 

でも、まだシオンがいる
シオンなら、デュアルブレードの力を
超えることが出来るはず

―――その証拠に
シオンは自らの意志で
私を切った

 

私が消えれば全てが終わるんだ

 

そんなこと、はじめから
分かっていたことなのにね……

 

あぁ……嫌だな

生きたいのに……もっと……あの人と……

 

生きたいだけなのに

 

<前の章へ>

<次の章へ>

<TOPへ戻る>