孫子の兵法:第1篇、計篇

計篇;1.兵とは国の大事なり

 

孫子ロゴ戦争に対する心構え

孫子曰(いわ)く、
兵とは國の大事なり。
死生の地、存亡の道、察せざるべからざる也。

戦争は国家の死生、存亡をかけた一大事、それを踏まえて諸条件を検討し、決断しなければならない

悩む王様のイラスト戦と、国力・資金力・仁・諸条件などを天秤にかけているイラスト戦争は究極の破壊行動なので、負けてしまえば全てを失いかねない。また、勝ったとしても自分もボロボロになってしまうかもしれない。だから戦争は、為政者達の単純な欲や、単純な勝ち負けだけで計っていてはなかなか割に合う物では無い、戦う前に目的に見合う物かどうか、よく考えて戦いを選択する必要が有ります。
条件が合えば戦い、合わなければ戦ってはいけない。ほかの道を探すべきです。
国の指導者達はその国に住む国民に対して大きな責任が有り、大義(目的・ミッション)を達成するため、将来の行方を考慮して開戦するべきか、外交で他国に仲介を頼んだり、降伏を含めた直接交渉などの選択肢を戦略的に選んで行く必要性が有るのです。

一応、このように書きましたが、全てが理詰めのみによって生まれる訳ではありません。
戦いが起こる場の最初のきっかけは、色んな利害がくっついて、好悪など人の感情から始まる訳です。
結局の所、人間が関与していると言うことですが、一旦、 戦いを決断してしまえば、徹底的な理詰めの戦いが必要になります。

計篇;2.我これを以て勝負を知る

孫子ロゴ戦争の行方を占う五つの条件と、七つの検討項目

故(ゆえ)に之(これ)を經 (はか)るに五事を以(もっ)てし、これを效 (き)くには計を以てして、其(そ)の情を索 (もと)む

戦争を興すか判断するのに五つの条件をつかい、条件の効果を計ることで、その戦いの要点を掴む

下文の五つの条件で、敵と自分の双方を見比べてみて、戦いの要点を掴む

一に曰(いわ)く道、
  二に曰く天、
  三に曰く地、
  四に曰く將、
  五に曰く法。
  道とは、民をして上と意を同じく令(し)、故に以てこれと死すべく、以てこれと生くるべく、民 詭(いつわ)れざるなり。
  天とは、陰陽、寒暑、時制なり。
  地とは、遠近、険易、広狭、死生なり。
  将とは、智、信、仁、勇、厳なり。
  法とは、曲制、管道、主用なり。

五つの条件、 これを敵味方双方比べて勝敗の予想を求める
孫子 検討条件 現代に当てはめて 説明
道とは、民をして上と意を同じくし、故に以てこれと死すべく、
以てこれと生くるべく、民 詭(いつわ)れざるなり

政治

道について
政治によって民衆が君主と一つになって、死を恐れずに戦えるか

とは、まつりごとの事。
この場合、大義名分のような、天下万民が納得するような目標などで、それは単に私欲から生まれるものではなく、全体を維持していく上で、より大勢の支持を得ることの出来る理由付けの事。

天とは、陰陽、寒暑、時制なり。 天の時 気象条件

について

とは、気象の陰陽昼夜、天候、気象、寒暑、四季などの対となる陰陽の自然条件

陰陽について
中国古代からの哲学(世界観)で、物事には太極(対)となる裏と表が有って、常にそれらは入り交じりながら、入れ替わっていくと考えられている。
孫子のこの部分での見方は、気象の裏表を指す。・・・昼夜、雨晴、など

地とは、遠近、険易、広狭、死生なり。 地の利 地形要素

遠近、険易、広狭、死生について
戦いを行う地形的要素

  1. 遠近とは、戦場までの距離の遠近。
    距離=時間的概念だと思ってください。
    戦いで計算すべきなのは、戦力の数の大小だけではなく、限られた戦力を効率的に動かすための、時間も計算の対象です。
  2. 険易とは、行動が険阻な地域と容易な地域(高低差など)。
    場所によって、防御力や攻撃力、そして移動力まで変化します。
    計算の要素がさらに増えましたが、計算できる集団が勝ちを収めます。
  3. 広狭とは、部隊が展開するのに十分な広さについて。
    例え、大軍を擁していても、それを効果的に展開できなければ、大軍の意味があまりありません。下手したら、不毛な消耗戦に巻き込まれます。例え勝ったとしても、規模が大きい分、余分に消耗するので、後が大変です。
  4. 死生とは、死地(そのままそこに居たのでは負ける上、逃げる事も出来ない場所)と、生地(囲まれることも無く、退却も容易な生還しやすい場所)の、地形による有利不利を検討。
將とは、智、信、仁、勇、厳なり。 指揮官の資質

智、信、仁、勇、厳が整っているか?
人を動かし、組織を効率的に回していくための五つの要素。

  1. は、その専門家としての経験や知識から、正しい状況判断ができること。
  2. は、信頼のことで、いいかげんな命令や、うそをついていると、部下や周囲は、将軍を信頼しなくなる。
  3. は、周りに対する思いやりや、慈しみの心を持っていること。
  4. は、難関に立たされても、屈する事無く、その持てる力で難関に対処する事の出来る勇気。
  5. は、いいかげんな妥協は許さない厳しさ。

将軍(現場責任者)の資質を計っています。
現場で人を動かすためには、単に戦闘能力だけを見比べるのでは無く、軍を目的に向かって上手に運用する必要があります。

法とは、曲制、管道、主用なり。 組織はルールを守ってる?

について。

とは、部隊編成、指揮系統、補給物資などの管理運用方法

組織を作ってもそれを運用できなければ、タダの烏合の集団になっちゃいます。
ましてや、大人数の大軍になれば、どうにかこうにかでも動かすには、ルールをどれだけ守って運用しているかが重要になってきます。

凡そこの五者は、將として聞かざることなく、これを知る者は勝ち、知らざる者は勝たず。

以上の五つのことは、将軍ならだれでも知っていることだが、それをちゃんと理解している将軍は勝ち、そうで無い将軍は負ける。

上の5つは戦いにとって大変重要な要素で、できるだけの情報を集め、敵味方を比べてみなけれはならないのです。
また、現場指揮官である将軍で常勝の名将と呼ばれる人が居ますが、上記のことを理解していれば、少なくともわざわざ負けることが解った戦闘を行わないので、負ける事は有りません。逆に勝てるのが解っている戦闘だけを選択するのですから常に勝ち続けるのです。

故にこれを效(き)くには計を以てして、其(そ)の情を索(もと)む

 さらに上の五つの要素を基本に、七つの検討項目で敵味方双方を見比べてみる。

曰く、
主、孰(いず)れか有道なる
將、孰れか有能なる
天地、孰れか得たる
法令、孰れか行われる
兵衆、孰れか強き
士卒、孰れか練(ね)れたる
賞罰、孰れか明らかなる

七つの検討項目
孫子 検討条件 現代に当てはめて 説明
主、孰(いず)れか有道なる

君主の政治力

最高責任者

君主とは最終的な意思決定をくだす、最高責任者の事です。
どんなに有能な部下や条件がそろっていても、道が定まらなければ目標(大義・ミッション)がハッキリせず、信用を得ることが出来なくなります。

敵対する相手がこれを知れば喜んで間隙を突いてくるでしょう。孫子の時代はそれが当たり前でした。
実際に有能な将軍や宰相のおかげで隣国の強国からの侵略を防いでいた国が、バカな君主の嫉妬心を他国に利用され、讒言を信じた君主が有能な部下を遠ざけたり、自殺に追い込んで、結果、邪魔が無くなった隣国に滅ぼされると言う事態を招いてます。

現代でもあまり笑えない話です。

將、孰(いず)れか有能なる 将の有能さ 現場指揮官の能力

現場の専門家である指揮官が、現場でどれぐらいの知識や経験を生かす力を持っているか?

 

天地、孰れか得たる 天地の条件 地形と天候の条件が有利なのはどちらか?

戦場の地理や天候などの指揮や移動、戦闘に関わる諸条件についての比較。
どちらが闘いに有利な環境を得ているか?

現代でも、スーパーなどの小売店を見れば、各メーカーがいかに有利な条件を取るかで熾烈な争いをしています。
常にテンポの入り口付近や、レジ付近等の最もモノが売れる場所を見れば良く解ります。
商品がコロコロと入れ替わっていて、実に熾烈な戦いを繰り広げています。日本のお父さんは頑張ってるんだなぁと思わせてくれる場所でもあるのですが・・。

法令、孰れか行われる 法令の徹底 きちんとルールを守っているか?

個人プレーが生きるような小さな戦場ではなく、大人数で戦う大戦場の場合、バラバラの個人プレーでは、組織戦には歯が立ちません。
大戦場の場合、戦場が巨大なため、一兵士の視点では目の前の事しか見えず、全体で何が起こってるのか解らなくなります。
全体を見渡して軍を運用する将軍は、末端の一兵士まで手足のように動かすために、旗や太鼓等の合図を送って動かすことになります。
兵士達が、この合図の意味が解らなければ、軍全体の動きは極端に悪くなります。
大人数を効率よく動かすための法です。

また、ちゃんと法令が守られている組織は、組織末端まで法が浸透していて、一人一人が成すべき事を知っています。
個人の単位まで自分の役割を理解していたら、いざという有事に大した混乱も無く行動ができ、それを襲う敵から見れば簡単な事では無くなります。

※勿論弱点もあります。保守的になりがちな安定期には、法が予測する想定外の事が起こると、とたんに脆い面が現れます。
なので混乱期が近づくと予想されるなら、これから何が起こるか研究を進めていき、それに対処するため、法も変化していかなければいけません。

兵衆、孰れか強き 兵衆 軍事力の比較

実戦に必要な、兵隊・装備の動員力と規模についての比較。
両軍、実際に最前線で実際に用意できる物量は、どれぐらい有るかを見比べます。

どんな奇策奇手を使って一時的に勝利しても、正攻法の部分が無ければ、勝利を維持する事が出来ません。
正攻法を支えるのが、数の力です。

作戦に必要な量・質・モノ・補給体勢を用意できるかは非常に重要。

士卒、孰れか練(ね)れたる 士卒 訓練度

普段の訓練で有事に力を発揮できるかどうか?

現場での組織の運用について、練度が低ければ折角の破壊力を持った兵器や組織力が有っても、その威力を発揮できません。

パソコンは良い例で、事務所に置いてあってもビジネスに有効なソフトを使いこなせなければ、邪魔なだけになります。

賞罰、孰れか明らかなる 賞罰 人を動かすコツ

理不尽な罰や虐めは無いか?・依怙贔屓のような報償は無いか?

現場で働く兵士・将校のモチベーションを維持するために、信賞必罰を公平に運用できなければ、あっさりと内部から裏切られてしまいます。

何のために一兵卒が闘うかと言えば、国・家族を守る為では無い場合、個人への報償を目当てに闘っています。
ここに理不尽なモノが混ざると、それへの不平は末端の兵士達にあっという間に伝染していき、やる気はがた落ちになるでしょう。

我これを以て勝負を知る

以上の事を比較検討すれば、勝敗は解る

將、吾が計を聴きいれ、これを用うれば必勝。これに留まらん。
將、吾が計を聴かざるときは、これを用うれば必敗。これを去らん。

もし将軍が私の計略を聞き入れて、戦いに用いれられたら必ず勝つことができるので、私はここにとどまりましょう。
もし将軍がこれを聞き入れなければ、必ず負けるので、ここから立ち去ります。
また別の解釈として、「七つの要素について、理解できた将軍を使い、そうではない将軍は使わない」と解釈する読み方もあります。

ここのくだりは、解釈の方法が分かれていますが、要は、将軍(現場責任者)が戦略の基本を理解せずに、勝敗の予想も立てられないまま戦いを始めたのでは、勝つ物も勝てなくなるので、まともにモノが見える将軍(現場責任者)を選んだ方が良いですよって事です。
戦争だけでなく。現代風に見ると、会社の経営者と現場との関係がこれに当たるでしょう。情勢判断ができない方なら、ドリフのコントじゃないですが「ダメだこりゃ、次行ってみよう」って感じです。

計、利として以て聴かるれば、すなわちこれが勢をなして、以てその外を佐(たす)く。
勢とは利に因(よ)りて権を制するなり。

条件の利害を検討して採用した計略を進め、勢(態勢)を整える。
また勢とはその時の条件に合わせ、権(臨機応変の行動)で主導権を握る事である。

物事の本質の部分を掴めれば、どんな場面でも臨機応変に対処出来る事を言っています。
また、孫子ではこの勢を大変重用視している。これについては第5篇.勢篇で詳しく述べています。

計篇;3.兵とは詭道なり

孫子ロゴ戦いの主導権を奪え

兵とは詭道なり。

戦いは騙し合い(お互いに、欺き合い、駆け引きする)で成り立っているので

この詭道・・つまり策術といったものを巧く使えば、少ない兵力で大きな兵力の相手を倒すことさえ可能。   
・・ て言うか、少ない兵力の方は、まともに正面から向かったのでは、到底勝ち目は無い。極まれに神風が吹いて勝ってしまう場合も有る事は有るが、いつでもそんな偶然が起こる訳はなく、基本の部分が改善されなければいずれ倒されてしまいます。

・・兵とは詭道なり・・は、まさに戦争の本質を突いた言葉です。
戦争が始まる前から騙し合いが行われています。それは日常・普通の生活の中では、ずるいとか、汚いといったことです。
でもそれが戦争です。
「そんな事してでも勝ちたいか!」と、言われても勝ちたい、勝たなければならないのが戦争なのです。

騙されちゃう人のイラスト故に
  能なるもこれに不能を示し、
  用なるもこれに不用を示し、
  近くともこれに遠きを示し、
  遠くともこれに近きを示し、
  利なればこれを誘い、
  乱なればこれを取り、
 騙されてしまった人のイラスト 実なればこれに備え
  強なればこれを避け、
  怒なればこれを挑し、
  卑なればこれを驕らせ、
  佚(いつ)なればこれを労し、
  親なればこれを離し、

相手に合わせた瞞し方一覧
孫子 説明
能なるもこれに不能を示し

目的を実行する能力が有っても、無いかのように見せ

用なるもこれに不用を示し

そこに用が有っても、無いかのように見せ、

近くともこれに遠きを示し

遠くともこれに近きを示し

近くても遠くに居るかのように見せ、遠くても近くに居るかの様に見せ

利なればこれを誘い

相手が貪欲なら、利益をちらつかせて誘い込み

乱なればこれを取り 相手が乱れたら、そこを突いて
実なればこれに備え 相手に実力が有れば、これに備えて
強なればこれを避け 明らかに敵の方が強ければ、真正面からの戦いは避けて
怒なればこれを挑し 怒りっぽい相手なら挑発して(正常な判断を妨げる)
卑なればこれを驕らせ 尊大な相手なら驕り高ぶらせ
佚なればこれを労し 相手が元気満々なら疲れさせ
親なればこれを離し 相手の同盟者や仲間との間が親しければ、仲を離れさせる

上の基本から、相手の情報を分析し、相手の条件や性格等に合った計略を立てれば、相手を計略の落とし穴に誘い込む事が出来る。
これらの策を用いて相手のコントロールに成功したら次に↓

その無備を攻めその不意に出ず。

相手の準備ができて無い所(無防備)を攻めて、さらに思ってもみなかった所から急に出てくる。

勝負の要点、相手の虚を突く。
相手が準備してない所だと、簡単に叩く事ができる。これを繰り返して、混乱させてやれば、戦いの主導権を握れる。
いかに相手が予想して準備した作戦の裏をかくか、このポイントを押さえていれば、多少の数の違いでも戦力差をひっくり返す事が多々あります。

これ、兵家の勝にして、先に伝うべからざるなり。

 上記のことは、兵法家が勝利を得るのに必要なことで、初めから味方にも伝えておくことができ無いことである。

自分の思った通りに相手を動かす事が出来たら、後は簡単に相手を倒す事が出来る。
この事から、相手を騙し自分のコントロール下に置く為には、絶対に相手に騙されている事を悟られてはいけない。
その為には、策略は例え味方にもその時が来るまで漏らしてはいけない重要機密、と言う事なのです。

計篇;4.算多きは勝ち、算少なきは勝たず

孫子ロゴ戦闘前にしっかりと情報を集め、勝敗への計算をする

夫(そ)れいまだ戦わずして廟算(この時代、戦争などの一大事の前に先祖代々の廟の前で占いをしてから出陣をしていた風習があった)して勝つ者は、算を得る事多ければなり。
未だ戦わずして廟算(びょうさん)して勝たざざる者は、算を得ること少なければなり。
算多きは勝ち、算少なきは勝たず。
しかるを況(い)わんや算なきにおいておや
吾これを以てこれを観るに、勝負あらたになる。

いままでの検討条件から、廟算を行う以前の段階で勝ってる者は、しっかりと計算している。
戦う前の段階で負けてる者は、いい加減に計算をしている。
計算をしっかりやると勝ち、計算が少なければ負け。
更に、計算すらやらない場合なんて・・・・。 
我はこれ(計算してるかどうか)を見てたら、だいたいの勝敗は解ります。

戦う前にこの計篇に示された条件を考慮することで、勝敗の予想を建てられます。
しっかりと計算できないのに、戦いを起こすのはどうかなと言ってます。

こんな感じですが、勝てない事が解った場合は、いかに戦いを避けるかを考えなきゃね、ってことでしょうか。

例外として、大局を見渡し、それが国(組織)の志に合った結果に繋がったり、または全体の勝利への要点だったりと、どうしても戦わないといけない局面・要所が生まれる事が有ります。
その際、通常では勝てない相手なのですから、極端な奇策を用いたり、トンでもない犠牲を払ってでも戦わなければいけないことも有ります。
その一点さえ突破すれば全体の勝利へ繋がる確信がある場合や、又は、後々の為に罠を仕掛けるための敗戦など、色々な局面が有り、これらを瞬時に判断して決断する責任が決定者にはあります。
 
国(組織)の最高責任者は、以上の覚悟を以て国家の舵取りを決断していかなければいけないのです。

00.孫子←→02.作戦編