• 新製品情報とかNewsとか

    初心者のためのサバゲ講座「初めてのハンドガン戦のコツ」編


  • 初めてハンドガン戦をする人のためのコツです。慣れてるつもりでも結構やらかす失敗例も出していますのでチェックしてみてください
  • 初心者のためのサバゲ講座「ハンドガンの握り方」編


  • ハンドガン(拳銃)の構え方です。慣れてないとベテランの人でも 難しいです
  • 初心者のためのサバゲ講座「銃で撃たれてからどうすれば良いか」編



    エアガンで撃たれた後、ヒットコールのやり方や、外への出かたを説明してます。
    当たり前に思えて、結構当たり前にはできてない事を書いてみます
  • 初心者のためのサバゲ講座「サバゲ風景編」編



    最後に驚く展開まってるので、最後まで見てください。内容も良い ゲーム展開になっていて、初心者の方にもお手本になるのではない かもんごいか実際のサバイバルゲームの雰囲気を感じていただけたら、面白いです
  • 2008.June.4

  • 今日の紹介は、攻殻機動隊とマルイのMEUピストルです
    本体画像 データ ショップ別価格比較

    パーツ、その他関連ページ

    【モケイパドック】 零八式短距離突撃銃S.T.A.R
    零八式短距離突撃銃S.T.A.R

    うはw
    何ですかこれはと言うの見つけてきました。 攻殻機動隊ですね。どっかが出すとは思ってましたが本当に出すところが現れるとはw
    中身は電動M4なそうなので動作は確実のようです
    200連マガジン装着
    電動ガンのM4と共通マガジン
    8.4V1100mahニッケル水素バッテリー
    • 【モケイパドック】 マテバM-M2007(予約販売)
    【モケイパドック】
    マテバM-M2007(予約販売)

    上と同じく、攻殻機動隊でおなじみのトグサが使用していたマテバがマルシンから8mmBB弾で発売です。
    かなりの人気があるよで、楽天ショップでは軒並み売り切れになってました
    ・パワーソース : 134aガス

    ・BB弾 : 8mmBB
    機構 : カートリッジ式・シングル/ダブルアクション、装弾数6発

    攻殻機動隊 トグサの銃・マテバM-M2007 専用革製ヒップホルスター《予約商品夏月発売》 
    新発売予約セール! 東京マルイ・MEUピストル・ガスブローバック
    東京マルイ・MEUピストル

    マルイからもとうとうMEUピストルが出ますね。ウエスタンのカーボンブラックバージョン買った身としては少々複雑な気持ちです。
    7月発売予定です。

    今年7月発売予定

    全長223mm
    全幅39.8mm
    重量849g
    装弾数28+1発。
    説明
    MEUは米海兵隊・海外遠征軍のフォースリコーンに帯同する水陸両用即応特殊作戦部隊の略称であるが、その任務内容から米軍正式採用拳銃の9mm口径のM9を威力不足と考え、45口径のガバメントをベースにしたガバカスタムを良しとして、選定と調整に入り、1994年にスプリングフィールド社のカスタムをベースとした45オートカスタムを正式採用とし、MEUピストルの愛称とともに、最強の45コンバットオートとして知られるようになった。さてこのマルイMEUピストルは、リアルな外観と優秀な集弾性、そしてなんといっても抜群のコストパフォーマンスを誇るコルトガバメントをベースにして作られた。そして、数種類存在するといわれるMEUピストルのうち最も洗練されたイメージとスタイルを持つ後期型・レイトモデルとしてモデリングされた流麗なMEUピストルだ。フロントセレーションつきのシャープなスライド、ノバック社公認のリアサイト、ビーバーテールグリップセーフティー、左右両用ロングサムセーフティー、デルタタイプハンマー、ニッケルメッキスリーホールトリガー、ウイルソンタイプステンレスマガジン、パックマイヤータイプグリップを装備した流麗かつ信頼性の高いMEUピストルだ。

     
  • 購入の参考にどうぞ
    本体画像 データ ショップ別価格比較

    パーツ、その他関連ページ

    【モケイパドック】 WA・M4A1 CQB-R
    WA・M4A1 CQB-R
    買っちゃいましたよ、これ。
    前評判通り、ブローバックの爽快な出来になってます。
    撃った感覚も素晴らしいですが、マガジンを入れる音や、コッキングをしてボルトを離し弾を装填した瞬間の音が実に良いです。

    4/29にインドアゲームに使用したインプレッション

    まず、持った最初の感覚は、「軽い」「細い」です
    電動ガンと違い、フロント部分がプラスチックであるため非常に軽く、取り回しがしやすい銃になっています。
    また、グリップ部分の細さがなんとも新鮮で、手の小さい私にはこちらの方が握りやすかったです。

    実射性能ですが、トリガーの切れは非常に良く、自分が撃ちたい時にシアーが落ちてくれて弾が飛び出してくれるのは、非常にありがたかったです。

    フルオートでの射撃は、少し発射サイクルが遅くなっていました。
    これはどうやらマガジンの個体差があるようです

    パワーソースがガスなのでしょうがないのですが、初弾及び始めの頃の弾道とでは、それ以降のパワーの安定が保てず、ホップのかかり具合にばらつきがでます。
    どうしてもマルイの電動ガンとは比べるのは酷な所がありますが、30m弱ぐらいまでの距離なら十分に弾はまとまったグルーピングを示しました。

    気温の関係もあるのかもしれませんが、マガジンが冷えている時、フルオートで打ち続けると、弾の装填が追いつかず、ポロポロと弾が落ちる現状が起きました。
    セミオートでは快調に動いてくれますが、フルオートでサバイバルゲームに使うのは不安が残ります。
    実戦のCQBで行われるようにセミオートで撃つのが正しい使い方かもしれません。
    弾数も少ない(50発※さらに2発はぬいておいた方がマガジンの給弾が確実)ですし、動作が確実な方を選択した方がよいように感じられました。

    ● 全 長 : 約742mm(ストック収納時約660mm)
    ● 重 量 : 約2,900g
    ● 装弾数 : 50発
    ● マグナブローバックシステム搭載
    ● NEW可変HOPバレル搭載
    ● N.L.S.搭載マガジン(アルミダイカスト製)銃を横にして撃ってもガスが漏れません

    インドアゲームでのインプレッション続き

    インドアでの使用状況ですが、発光トレーサーと0.2gの蓄光弾を使用したのでHOP UPは完全に切っていました、この状態では、約25m付近から少しホップがかかって弾道が上に逸れますが、インドアでの接近戦で使用するため、十分に使えました。

    実際にゲームでの射撃の感想ですが、ブローバックハンドガンが大きくなったような感覚です。
    ブローバックの反動の小気味よさに、銃を撃ってる楽しさ、これが一番の魅力でしょうか。

    ゲーム前、保温器をにマガジンを入れて、十分に暖めたおかげで、非常にブローバックの調子も良く、快調に動きました。
    ただし、暖めすぎるとパワーが出過ぎるように感じられました(ウエスタンのマガジンは温度によってガス放出量を変化させる機構があるので、パワーが出過ぎることは無いはずですが・・)

    インドアではちゃんと思った所へ弾は飛んでくれたので、かなり使える銃として遊ぶことができました

    金額的には電動ガンより高めの設定ですが、コストに見合うだけの遊びがあり、買って損をする物では無いです。
    私自身も、今後は予備マガジンを充実させてから外装パーツへ進展していきたいと考えています。

    NEW フルオートトレーサー
    NEW フルオートトレーサー

  • WA M4A1 CQB-R 頭にカメラを装着して撮影しています。
    http://jp.youtube.com/watch?v=HZGBhTxL-TQ

    より自然な感じに見えるでしょうか?
    CQBのドアエントリーをしてる気分でどうぞ↓